ときめきの部決勝・みたがわ-さがし 第1セット、みたがわの吉田富美子がスパイクを決め、12-3とリードを広げる=小城市の芦刈文化体育館

 久光製薬杯第28回佐賀県ママさんバレーボール大会(佐賀新聞社・県バレーボール協会主催、県ママさんバレーボール連盟主管、久光製薬特別協賛)は5日、小城市の芦刈文化体育館でいきいきの部(満18歳以上、Vリーグ経験者は満35歳以上)の準決勝と決勝、はつらつの部(満40歳以上)、ときめきの部(満60歳以上)の決勝があった。

 いきいきの部は、準決勝でみたがわママ(吉野ヶ里町)にストレート勝ちした西有田(有田町)が、決勝できやまドリーム(基山町)を2-0で破り、2年ぶり3度目の頂点に立った。

 はつらつの部は、田代(鳥栖市)が鍋島(佐賀市)を2-1で下して初優勝。ときめきの部は、みたがわ(吉野ヶ里町)がさがしにストレート勝ちし、2年連続2度目の栄冠をつかんだ。

 ◇ときめきの部

 ▽決勝

みたがわ2 21-11 0 さがし

      21-7

 ときめきの部決勝は、みたがわ(吉野ヶ里町)が王者の貫禄を見せ、さがしに2―0のストレート勝ち。鮮やかに大会2連覇を果たした。

 第1セットはチームの得点源、吉田富美子と徳安かね子のスパイクが次々と決まり、21―11で先取。第2セットも吉田のサービスエースなどで5連続得点を奪うなど終始相手を圧倒し、21―7と寄せ付けなかった。

 決勝前の練習では予選で浮き彫りになった課題の修正にチーム全員で取り組んだ。馬場利子監督は「予選よりもまとまっていた」と話し、主将の福成ちず子は「(予選と比べて)レシーブがしっかりでき、全員サーブが良かった」と試合を振り返った。

 馬場監督は「きょうは本当にみんなよくやった」と最後は手をたたいて選手たちをねぎらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加