いきいきの部決勝・西有田-きやまドリーム 第2セット、西有田の川久保涼子選手(中央)がスパイクを決め、3-3とする=小城市の芦刈文化体育館(撮影・山田宏一郎)

 久光製薬杯第28回佐賀県ママさんバレーボール大会(佐賀新聞社・県バレーボール協会主催、県ママさんバレーボール連盟主管、久光製薬特別協賛)は5日、小城市の芦刈文化体育館で決勝大会があった。いきいきの部(満18歳以上、Vリーグ経験者は満35歳以上)は西有田(有田町)が決勝できやまドリーム(基山町)を破り、2年ぶり3度目の栄冠を手にした。 

 はつらつの部(満40歳以上)は田代(鳥栖市)が初優勝し、ときめきの部(満60歳以上)はみたがわ(吉野ヶ里町)が2年連続2度目の優勝を果たした。 

 閉会式では久光製薬BU本部九州本社の矢野栄総務部長、県バレーボール協会の坂井充副会長、佐賀新聞社の蕪竹真吾営業局長が上位チームに賞状やカップ、メダルを贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加