カギをつかもうとするパイロット=佐賀市の嘉瀬川河川敷

 バルーンを巧みに操縦し鍵形のターゲットをキャッチするキーグラブレースが、競技エリアで開かれた。75機が参加し、パイロットたちは競技エリアに立つ5本のポールにかけられたターゲットを目指し意欲的に挑戦。バルーンが鍵に近づくたびに会場からは歓声や拍手が沸き起こった。

 鍵には蓄電機やコンピューターなどの懸賞がかかっており、パイロットも意気込み十分。金、銀、赤など5色の鍵を手にしようと低空飛行を繰り広げるたびに、観客らは手を振り声援を送った。

 親子で同レースを初めて見たという田中美穂さん(40)、祐仁さん(10)=福岡県久留米市=は「コミュニケーションが取れるくらい距離が近くて迫力があった」と楽しんだ様子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加