【講演会】

 ◆「アート×まちづくり」を考える

 (12日13時、唐津市北波多徳須恵のギャラリー草伝社)唐津焼陶芸家・鎮西窯窯主の安永頼山さんと、草伝社オーナーで菓子所「草生庵」店主の原和志さんが唐津焼を介した地域づくりを語り合う。14時半から交流会。一般1000円、学生500円(お茶とお菓子付き)。定員30人。申し込みはシアター・シエマ、0952(27)5116。

 

【告知板】

 ◆しょうりゅうのつどい

 (11日17~18時、佐賀市白山の佐賀商工ビル7階)子どものころに虐待を受け、今でも苦しい思いをしたり、さまざまな問題を抱えている大人の女性同士が体験談を語り合い支え合う会。相談や男性の参加は不可。問い合わせはしょうりゅうのつどい事務局、電話080(3221)6506(平日12~18時のみ)。

 

【展覧会】

 ◆第19回武雄陶芸協会展

 (12月10日まで、鹿島市古枝の祐徳博物館)武雄陶芸協会の会員7人による新作約20点の陶磁器。大人300円、大高生200円、中学・小学生100円。祐徳博物館、電話0954(62)2151。

 ◆十一代・十二代今右衛門富嶽三十六景図展 富嶽百景とともに

 (12月24日まで、有田町赤絵町の今右衛門古陶磁美術館)江戸期の鍋島・古伊万里を基にして器を制作した十一代・十二代今右衛門。江戸期の葛飾北斎の富嶽三十六景や富嶽百景の浮世絵に範を得た額皿を展示。鍋島・古伊万里様式と異なる写実の絵付け技法を駆使した作品が並ぶ。観覧料500円、高校生以下無料。電話0955(42)5550。

このエントリーをはてなブックマークに追加