バレーボールのプレミアリーグ女子は4日、滋賀県のウカルちゃんアリーナなどであり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)は東レアローズに3―0でストレート勝ちし、開幕から4連勝を飾った。勝ち点11で暫定1位。

 久光製薬は第1セットからミドルブロッカーのアキンラデウォの高さを生かしたスパイクとブロックで流れをつかんだ。ウイングスパイカー石井優希らも活躍し、25―16で先取した。

 第2セットは相手サーブに崩され先行を許すも、堅い守りで切り返し、ウイングスパイカー野本梨佳の切れのあるスパイクなどで25―22と連取。第3セットも攻守ともに隙を見せず、最後はピンチサーバー加藤光がサービスエースを決め、25―16で東レを圧倒した。

 次戦は5日、同会場で日立リヴァーレと対戦する。

 ▽女子

久光製薬(11)3―0東レ(0)

NEC(6)3―1JT(6)

トヨタ車体(9)3―1デンソー(3)

上尾メディックス(9)3―0日立(4)

 ▽男子

パナソニック(12)3―0JT(5)

豊田合成(12)3―0堺(0)

サントリー(7)3―1FC東京(0)

東レ(6)3―0ジェイテクト(6)

このエントリーをはてなブックマークに追加