Q.離婚協議中ですが、夫婦の財産といえるのは婚姻中に購入したマンションくらいです。ローンがまだ残っていますが、マンションとローンの名義は夫となっています。離婚後、このマンションには私が住みたいのですが、可能でしょうか?

A.可能ですが、今後のローン返済について十分な協議が必要です。

 マンションがオーバーローンでない場合(例えば、マンションの評価額が2000万円で残ローンが1500万円の場合)は、マンションの評価額から残ローン額を引き、その額の2分の1をマンションを取得したい人が他方に支払い、その後自分で残ローンを支払っていくという方法があります。

 先ほどの例でいうと、評価額から残ローン額を差し引いた500万円の2分の1である250万円を他方に支払い、その後ローンは自分で支払っていくことになります。

 問題は、オーバーローンの場合(例えば、マンション評価額1500万円で残ローンが2000万円の場合)です。この場合、マンションには経済的価値はないものとされ、マンションは財産分与の対象とはなりません。そのため、残ローンは原則としてローン名義人がそのまま支払いを続けることになります。

 ご相談のように、居住者とローン名義人が違う場合、ローン名義人がローンを支払わなくなったとき、居住者は退去せざるを得なくなるといったトラブルが発生します。つまり、マンションに居住し続けられるかどうかはローン名義人にかかってしまうのです。しかし、だからといってローン名義人の変更はローン会社の承諾が必要であり、ローン会社は容易には承諾してくれません。

 そのため、離婚後マンションに住み続けるとしても、残ローンについて誰がどのように負担するのか、今後どのように支払っていくのかを十分に協議し、協議内容を公正証書に残すなどした方がよいと考えます。(弁護士 福田孝・武雄市)

=なるほど!さが法律相談=

このエントリーをはてなブックマークに追加