お酒を通じて山や林業について考える「林業BAR」が11日午後6時半から、佐賀市富士町のフォレスタふじで開店する。午後3時半からは「林業BAR」を発案した建築士・竹内優二さんの講演もあり、木に囲まれた富士町で林業について学ぶ。

 竹内さんは、木や山、林業の魅力を伝えたいと、「お酒を通じて、山とつながる」をコンセプトに「林業BAR」を思いついた。2014年に京都でオープンして以来、全国各地で講演と出張出店を行っている。

 水源地域連携・活性化促進協議会が主催。講演では、普段の生活ではあまりなじみのない、山や林業がテーマ。山からの恵みが私たちの生活に直結していることなどを話し、特に「お酒」から見えてくる林業について分かりやすく話す。

 「林業BAR」は、林業をテーマに女性たちが活動する「林業女子会@さが」などが主催。木々の香りが楽しめるドリンクや地域の食材を使った料理を楽しみながら森や林業を語り合う。林業女子会の門脇恵さんは「林業というと難しく思われるかもしれないが、気楽に楽しんで」と呼びかけている。

 講演は参加無料。「林業BAR」は会費3千円、先着30人。問い合わせは同協議会、電話0952(58)2111。

このエントリーをはてなブックマークに追加