技能五輪全国大会での活躍を誓った戸上電機製作所の松尾周晃さん(中央)=佐賀市の県庁

 11月24日から栃木県宇都宮市で開催される「第55回技能五輪全国大会」と、同所で17日から開催の障害者の技能大会「第37回全国アビリンピック」の県選手団の結団式が1日、佐賀市の県庁であった。五輪出場の旋盤や電工など7職種の9人と、アビリンピックに出る4職種4人が活躍を誓った。

 結団式では、県の石橋正彦産業労働部長が「自己研さんの成果を見せて全力で挑んでください」と激励した。選手を代表して2年連続でフライス盤競技で五輪出場の松尾周晃さんが、「県代表として悔いのないように頑張ります」と決意を表明した。

 技能五輪とアビリンピックの出場者は次の通り(敬称略)。

 技能五輪【旋盤】久保伸太郎(21)=東亜工機▽【フライス盤】大畑将吾(23)=同、松尾周晃(22)=戸上電機製作所▽【電工】大田聖也(19)=九電工▽【フラワー装飾】山下恵(19)=九州スクールオブビジネス▽【洋菓子製造】本多桂(22)=SHOGETSUDO▽【造園】石丸怜耶(18)=山田造園、橋本龍之助(18)=高志館高▽【日本料理】内田風羽里(17)=牛津高

 アビリンピック【喫茶サービス】浦川玲菜(18)=グランデはがくれ▽【縫製】江頭礼奈(23)=金立特別支援学校(勤務)▽【ビルクリーニング】鐘ヶ江瑞希(17)=うれしの特別支援学校▽【表計算】八田浩美(48)=佐賀情報ビジネス

このエントリーをはてなブックマークに追加