練習に余念のない塩辛一座のみなさん

 鳥栖市原町に平均年齢72歳のチンドン屋さん「塩辛一座」があります。

 メンバーはかね太鼓と盛り上げ役の野木利昭さん(68)、ギター一筋50年の池田浩さん(76)、楽器は何でもやるが10年前からはアコーディオンだけを弾いている杉山武男さん(76)、福岡県筑紫野市で三味線の師匠をしているがサックスも堪能な石川栄次郎さん(72)、司会とボーカル担当の西依誠さん(68)の5人。

 3年前、野木さんと杉山さんが原町敬老会に出演したのがきっかけとなり、今年4月からチンドン屋「塩辛一座」を発足、このほど初演を成功させました。

 月3回の練習を重ねレパートリーは懐メロを中心に約10曲。腕前は見事なものです。たくさんの人に聞いて見てもらいたいと頑張っています。(地域リポーター・有馬治子=鳥栖市)

このエントリーをはてなブックマークに追加