今季も残すところ3試合。11月の2試合はいずれもベアスタが会場で、磐田戦は今季ホーム最終戦となる。FC東京、磐田ともに強力な攻撃陣を擁するが、敵地では勝利をつかめなかっただけに、連勝で雪辱を果たしたい。

20周年記念ユニホームを贈呈 18日FC東京戦
 「これからもサガン鳥栖ファミリーで挑戦し続けよう」−。18日のFC東京戦では、サガン鳥栖誕生20周年を祝う記念ユニホームが、来場者全員に贈られる。
 コンセプトは「サバイバル」。迷彩柄で「どんな困難にも立ち向かい、挑戦し続けるクラブでありたい」との思いを込めた。選手たちも同じ色合いの試合着で勝利を目指す。贈呈するユニホームは1枚1000円で購入することもでき、希望者はチケットぴあ(Pコード592‐770)で引換券を入手する。
 ピンク色のユニホームを贈った5月の「レディースデー」では、今季最多の2万1245人が集まった。鳥栖の勝利とさらなる発展を願い、力強く選手たちを後押ししよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加