鳥栖-C大阪 後半、空中戦で競り合う鳥栖DF鄭昇炫=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 DF鄭昇炫(チョン・スンヒョン)が大車輪の活躍を見せている。7月の加入後、リーグ戦13試合に出場し、うち12試合でフル出場。あこがれていたJリーグの舞台で持てる力を存分に発揮している。
 「競争が激しいリーグで、一番いい選手と評価してもらえるように頑張る」−。入団会見で示した決意を胸に、献身的な守備で最終ラインを支えている。セットプレーでは長身を生かしたヘディングシュートで相手ゴールを脅かす回数も増えてきた。
 人懐っこい性格で、チームにすっかり溶け込んでいる。10月下旬には韓国代表初選出というニュースも飛び込んできた。フィッカデンティ監督に「クラブを背負っていく選手」と言わしめた23歳への期待は膨らむばかりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加