軍服姿の鍋島直大(右)。京では政局が緊迫の度を増し、藩主として難しい対応を迫られた。左は佐野常民の息子源一郎(鍋島報效会所蔵)

新政府軍と旧幕府軍が戦闘を繰り広げた「伏見口の戦い」の激戦地跡=京都市伏見区

 徳川慶喜が大政奉還をしたことで機先を制された薩摩、長州の両藩は武力倒幕を目指して兵を続々と京に向かわせた。さらに新政府の樹立に向けて、薩摩の大久保利通(としみち)や公家の岩倉具視(ともみ)らを中心にクーデターを計画した。

 慶応3(1867)年12月9日。薩摩など5藩の藩兵が御所を固める中、「王政復古の大号令」が発せられた。これまでの朝廷の官職を廃し、総裁や、議員のような役目を持つ議定、参与を配置することを宣言。この「三職」には、皇族や公家に加え、5藩の諸侯や藩士が就いた。

 これに続き、初の三職会議が開かれた。後に「小御所会議」と呼ばれるこの場は、慶喜の処遇を巡って紛糾する。土佐藩の前藩主山内容堂は慶喜を議定に加えるように求めたが、反発する声が上がる。結局、官位と領地の返納を慶喜に要求する決定をした。

 慶喜を内戦に巻き込むための倒幕派の策略で、これに反発する会津藩など旧幕府勢力の暴発を恐れた慶喜は、二条城から大阪城に退いた。薩摩藩は江戸で放火や強盗などのかく乱作戦を仕掛けて旧幕府側を挑発、一触即発の状況となった。

 政局は一段と緊迫の度を増していたが、佐賀藩の対応は後手に回っていた。

 10月中旬の大政奉還の一報が佐賀に届いたのは、11月に入ってからだった。京の情勢を探っていた佐賀藩士は、慶喜の側近と親しかったが、大政奉還や薩長の動向を察知できていなかった。『鍋島直正公伝』は「事がここに至ると、ただぼうぜんとするだけだった」と記している。

 鍋島直正か息子の藩主直大(なおひろ)を上京させるように朝廷から命じられたが、動向を見極めようとしたのか、直大は「道路遠隔」を理由に延期を願い出た。12月下旬に兵を率いて佐賀を出発した家老の鍋島孫六郎も数日後、政情悪化を受けて豊前で足止めを食ってしまう。

 そんな中、佐賀藩は、禁じていた藩士の自由行動を許すことを決める。上京して政情を探った大隈重信が直正と面会した際、藩を挙げて政局に対応するように求めたことが契機となった。倒幕派藩士も藩外で活動できるようになった。

 元治元(1864)年に永蟄居(えいちっきょ)の罪を解かれていた江藤新平にも、再び表舞台に立つ機会が訪れる。京都警備のために上京する直大に随行するよう命じられた。慶応4(1868)年1月7日に佐賀をたち、船で京に向かうため翌日、伊万里に入った。

 出発を待つばかりだった一行にもたらされたのが、「鳥羽・伏見の戦い」勃発の知らせだった。

 1月3日、京都南方の鳥羽、伏見から北上しようとする旧幕府軍と、入京阻止を狙う薩長軍との間で戦端が開かれた。相手の約3分の1に当たる5千人の兵力ながら、装備が近代化され、「錦の御旗」を掲げた新政府軍が4日間で勝利を収めた。慶喜はひそかに大阪城を脱出し、海路江戸に向かった。

 直大の上京は中止になり、江藤を含む先発隊が派遣された。彼らを待っていたのは、佐賀藩に対する厳しい評価だった。

 新政府は慶喜追討令を出し、在京諸侯に立場を明確にするように要求した。だが、佐賀藩は藩主が京に不在で、国元でも藩論がまとまらず、「旧幕府側に付くのではないか」という疑いを招いた。「幕府と併せて、まず佐賀を討つべきとの議論さえ起きた」(『江藤南白』)という。

 佐賀偉人伝『江藤新平』を執筆した大倉精神文化研究所(横浜市)の星原大輔さん(40)は「国内戦争による混乱を避けようとしていた佐賀藩の方針がこうした対応につながった。むしろ旧幕府軍の敗北後に奉行が脱出した長崎のことの方が、関わりが深い佐賀藩にとって気がかりだったのではないか」と当時の状況を推測する。

 江藤は佐賀藩に対する疑念を拭い去ろうと、かつて京で築いた人脈を生かして岩倉具視ら新政府首脳と面会し、藩主の上京が遅れている理由を説いて回った。

 直大は2月上旬、直正は3月上旬にようやく入京した。政局に遅れて登場した佐賀藩に求められたのは、鳥羽・伏見の戦いが皮切りとなった戊辰戦争での軍事面での貢献だった。

 

■長崎会議所の設立

 

 奉行所が置かれ、九州での幕府の拠点だった長崎の町にも大政奉還や王政復古の大号令の情報が伝わり、動揺が広がった。鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍が敗北したという知らせを受けた長崎奉行河津祐邦(かわづひろくに)は、慶応4(1868)年1月中旬に長崎を脱出した。

 こうした事態を受け、諸藩が長崎に置く連絡係「聞役」が参加する協議機関「長崎会議所」が設立された。長崎警備を務める佐賀、福岡藩をはじめ、薩摩、長州、土佐、唐津藩などが名を連ね、長崎貿易の実務を担う地役人も加わった。

 佐賀藩からは大隈重信や副島種臣らが参加した。代表者の数は3人で薩摩藩と同数だったが、新政府側でいち早く旗幟(きし)を鮮明にした薩摩や長州、土佐などが会議所での発言力を強めていった。

 

=年表=

慶応3年 12月(1867) 王政復古の大号令

               小御所会議

慶応4年  1月(1868) 鳥羽・伏見の戦い

               長崎会議所が設立       

               江藤新平らが入京

      2月       佐賀藩主鍋島直大が入京

このエントリーをはてなブックマークに追加