トヨタ紡織九州-トヨタ車体 後半、倒れ込みながらシュートを放つPV酒井翔一朗=長崎県の五島市中央公園市民体育館

 第42回日本ハンドボールリーグ第10週第1日は3日、長崎県の五島市中央公園市民体育館などであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)はトヨタ車体(愛知県)に23―29で敗れた。通算成績は1勝1分け8敗で、順位は変わらず暫定8位。

 トヨタ紡織九州は前半、RB松浦慶介のシュートで先制したが、その後のシュートミスで流れを失うと13分に逆転を許し、10―14で折り返した。後半はPV酒井翔一朗の連続ゴールやRW鈴木済のサイドシュートなどで追い上げたが、最後まで相手の屈強な守備を崩せず、さらに点差を広げられた。

 トヨタ紡織九州は連戦で、第10週最終日の5日午後1時から広島県のマエダハウジング東区スポーツセンターで大崎電気(埼玉県)と対戦する。

 

トヨタ車体

(7勝3分け1敗)2914―10

15―1323トヨタ紡織九州

(1勝1分け8敗)

大同特殊鋼

(6勝2分け3敗)2414―12

10―1123琉球コラソン

(4勝6敗)

大崎電気

(8勝2敗)2513―7

12―1118湧永製薬

(6勝4敗)

このエントリーをはてなブックマークに追加