無色透明なアイス「theスケとるやん」を企画提案し、最優秀賞を受賞した小城中2年4組チーム=小城市の小城中

 小中学生がアイスクリームの商品開発に挑む「SAGAアイスアカデミー」の企画コンテストが3日、小城市の小城中であった。参加7組の中から同校2年4組チームが提案した無色透明のアイス「theスケとるやん」が最優秀賞に輝いた。竹下製菓の協力の下、他2作品とともに12月下旬に試作し、来春から販売する予定。

 「theスケとるやん」はペットボトル飲料にある透明なミルクティーなどから着想を得た。透明であることを生かし、「当たり付きだがパッケージを開けた瞬間に結果がわかる」というアイデアも盛り込んだ。

 審査員を務めた竹下製菓の竹下真由社長は「アイスクリーム屋だからこそあった『透明は技術的に難しい』という壁を取っ払ってもらった。さすが若手の力」と賛辞を送った。

 提案した江頭遥菜さん(13)、伊東歩美(ほのみ)さん(14)、鶴優菜さん(14)、中島菜緒さん(13)は「商品名は『~やん』と私たちがいつも使う佐賀弁を使った方が親しんでもらえると思った。たくさん売れるように試作を頑張りたい」と笑顔がはじけた。

 SAGAアイスアカデミーはふるさとへの誇りや愛着を育み、自ら未来を切り開く力を養おうとNPO法人鳳雛(ほうすう)塾(佐賀市)が県の補助金を受けて実施している。

 他の試作化作品は次の通り(チーム名、商品名)

 まっしろエベレスト「梅恋」▽3KI「カタナイス」

このエントリーをはてなブックマークに追加