江北町の一大イベント「ビッキーふれあい祭り」が5日10時から、同町のイオン江北店南側をメイン会場に開かれる。今年もふれあい交流センターネイブルや上小田地区にサテライト会場を設置。復活したかしわめし弁当の販売や、町のイメージキャラクター「へそがえるビッキー」の子どもお披露目など、注目企画もある。

 メイン会場にはステージとさまざまな出店が並ぶ。ステージでは音楽やダンスのほか、11時からビッキーと妻・ピンキーの子どもが初登場し、餅投げで祝う。出店では町駅弁研究会が復活させたかしわめし弁当(500円)を300食限定販売。下水道PRコーナーもあり、全国194自治体227種類のマンホールカードを展示する。

 小田宿広場では先着150人限定の焼肉(500円)。グループホーム栄寿荘では11時から、認知症について相談や交流ができるオレンジカフェを運営し、杵島商業高のインターネットショッピングモールも出店する。

 またネイブルでは文化協会の展示のほか、水素自動車試乗会、「伊能大図」のうち九州地方の原寸大複製パネル展示なども。馬の飼育場「クラブリオ」では乗馬体験(当日参加枠あり・500円)を実施する。

 問い合わせは実行委員会、電話0952(86)5612。

このエントリーをはてなブックマークに追加