佐賀県産品を買い求める来場者=佐賀市のバルーン会場憩いの広場

 憩いの広場にある「うまかもん市場」や「ふるさと物産館」には佐賀県の食材を使った出店が立ち並び、来場者を楽しませている。

 三瀬村地場産品振興部会のブースでは、手作りのゆずこしょうややまびこみそなどを販売。大和町のブランドみかん「あんみつ姫」の試食ができるブースもあった。

 物産館には、諸富家具を使った商品や、佐賀市が認定する農林水産加工品「いいモノさがし」の物販があり、多くの来場者が足を止めていた。

 休憩スペースを利用していた会社員の森仁志さん(33)=福岡市=は、「佐賀をメーンにした物産展のイベントはあまりなくて、佐賀の県産品を知るよい機会になった」と満足した様子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加