嬉野市消防操法大会で放水する団員たち=9月23日、嬉野市塩田町の西部公園

「操作始め」の合図とともに機敏な動きを見せる

 嬉野市消防団は1050名で組織されていますが、通常はさまざまな業種の皆さんが、火災や訓練時には一斉に集合し消防団として活動されています。

 消防団活動でできるつながりは、日常生活で有効に発揮される場面が多く、将来にわたって貴重な財産になると思います。(嬉野市役所総務課 中野暖久さん)

このエントリーをはてなブックマークに追加