第7回三瀬寄席に出演する笑福亭瓶二さん

 「第7回三瀬寄席」が11月12日午後2時から、佐賀市の三瀬公民館で開かれる。笑福亭鶴瓶さんの弟子で、全国の落語会に定期出演する笑福亭瓶二さんが、軽妙な話芸を披露する。

 三瀬寄席は同実行委が毎年開いており、笑福亭瓶二さんは、5度目の出演。過去には「動物園」や「妾馬(めかうま)」など、子どもからお年寄りまで幅広い年代に受け入れられる落語を披露し魅力を伝えている。

 笑福亭瓶二さんは1990年8月に笑福亭鶴瓶門下に入門。大阪で「ざこば・鶴瓶らくごのご」などに出演。98年から東京に拠点を移した。月亭方正らと「やみ鍋の会」、立川志の八と「二八会」、天満天神繁昌亭(大阪)、美案寄席(福岡)など全国の落語会に出演する。県内でも唐津やきもん祭りでの寄席などに出演している。

 当日は午後1時半開場、同2時開演。チケットは500円(小中学生無料)。問い合わせは三瀬公民館、電話0952(56)2003。

このエントリーをはてなブックマークに追加