決勝・城西-三根 9回裏三根2死一、二塁、マウンドで捕手の竹本憲司と言葉を交わす城西の橋本将=みどりの森県営球場(昨年の大会から)

決勝・城西-三根 9回を一人で投げ抜き、城西打線を1安打に抑えた三根の日高優成==みどりの森県営球場(昨年の大会から)

 第19回プロ野球県人会ドリーム旗争奪中学生軟式野球大会(佐賀県出身プロ野球県人会・佐賀新聞社主催)は3日、佐賀市の佐賀ブルースタジアムなどで開幕する。各地区の代表39チームが県一の座を懸けて熱戦を展開する。

 大会は、県出身プロ野球県人会(迎祐一郎会長、49人)が中学生のレベルアップを目的に1999年から開催。優勝チームは来年3月に長崎県で開かれる九州選抜大会に出場する。

 優勝争いは10月の文部科学大臣杯県予選で準優勝した大浦・吉田、3位の基山、白石などを軸に混戦が予想される。また、本大会は6月に39歳で亡くなった元プロ野球選手、河野昌人氏(佐賀市出身)のメモリアル大会となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加