緊急車両の給油手順などを確かめる参加者=武雄市

 災害時のガソリンスタンドの安全確保や緊急車両への給油体制を確認する災害対応研修会(佐賀県石油商業組合主催)が、武雄市であった。組合加盟の事業者約30人が参加し、緊急車両の誘導や非常用電源の使い方などを学んだ。

 震度6の直下型地震が起きたとの想定で、二次災害に備えてガスの元栓を閉めるなど安全を確保。非常用電源を立ち上げ、警察、消防車両に優先して給油できるよう手順を確かめた。

 同組合の北島喜郎理事長は「ゲリラ豪雨など自然災害のリスクは身近にある。定期的に訓練を開き、組合員の防災意識を高める契機にしたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加