変形バルーンのタコの足に触れる園児たち=佐賀市の嘉瀬川河川敷

球皮内のひもを引っ張る子ども=佐賀市の嘉瀬川河川敷

気球のバスケットに腰掛け写真撮影する子どもたち=佐賀市の嘉瀬川河川敷

 2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタ大会2日目、子どもたちがバルーンに親しむ「キッズデー」が開かれた。普段入ることができない競技エリアを開放し、約7000人の子どもたちや保護者らがバルーンの大きさやバーナーの温度などを間近で感じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加