有明海を捉えた作品と、自由な被写体の写真が並ぶ佐賀フォトサロンの写真展=佐賀市立図書館

 県内の写真愛好家でつくる「佐賀フォトサロン」(中山征一郎会長)の写真展が、佐賀市立図書館で開かれている。会員7人が有明海の写真と、バルーンや秋空など自由な被写体の作品55点を並べる。5日まで。

 月例会を重ね、作品展は年に1度開催。初代会長の故・音成三男さんの遺志を受け継ぎ、有明海をテーマにした作品を展示する。野村哲郎さん(61)は今年7月の九州北部豪雨の後、東与賀海岸に流れ着いた流木など、漂流物を収めた。自由テーマの作品は、バルーンや秋空を、大胆な構図で撮った作品などが並んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加