栗にマツタケ、脂ののったサンマなど、おいしい秋の味覚が一堂に会するこの季節。今回は、そんな“食欲の秋”にちなんだ絵本を3冊紹介します。もしかしたら、読み終わった後におなかがグーグー鳴り出しちゃうかも!?  (ママスタッフ あっこんぴ)


●有田町立東図書館 おすすめ絵本はコレ!●

 

《0~2才》
◎    ぐるぐるちゃん (文・絵: 長江青/福音館書店)【P5】
お母さんと一緒に森へどんぐり拾いにやって来たリスのぐるぐるちゃん。おいしいどんぐりを口に入れてもらったら、ほっぺがぽっこり ぷくんぷくん。いっぱい拾ったどんぐりは、くるんと巻いたしっぽに詰めておみやげに♪ ぐるぐるちゃん親子のふれあいと、温かみのあるかわいいちぎり絵のイラストに心が和む絵本。

 

《3~5才》
◎    おおきなかぼちゃ (作: エリカ=シルバーマン/主婦の友社)【P6】
ハロウィーンに食べるパイをつくるため、魔女が大切に育てたかぼちゃ。大きく育ちすぎてびくともしないかぼちゃに魔女が手を焼いていると、そこにやって来たのは幽霊、吸血鬼、ミイラといった面々。それぞれが自信たっぷりに手を貸そうとしますが…。魔女とゆかいな仲間たちのハッピーストーリーです。

 

《6才~》
◎    あたまにかきのき (文: 唯野元弘/鈴木出版)【P7】
柿の木の下で昼寝をしていた男の頭に、カラスが熟れた柿の実をポトリ。めんどうくさいのでそのままにしていたら、やがて男の頭から芽が出て立派な柿の木に。その実をまちに売りに行くと、あっという間に売り切れ。おもしろくない他の柿売りたちは頭の柿の木を切り倒してしまい…。話の続きが気になってページをめくる手が止まらなくなりそうな、ツッコミどころ満載の日本民話。

 

紹介してくれた人

 

 有田町立東図書館 司書 本島 英子さん
(吹き出しで)→「“秋の陶磁器まつり”など11月の有田町はさまざまなイベントがめじろ押し! 4日には初の試み“まちとしょまつり”も開催します」


有田町立図書館 イベント情報
■まちとしょまつり
【日時】11月4日(土) 13:00-16:00
【場所】有田町生涯学習センター南館

☆第Ⅰ部(13:00-14:00/南館2F和室)
①まちとしょまつり
 図書館スタッフによるおはなし会。大型絵本の読み聞かせのほか、手あそびや紙芝居などもあり
②じゃんけん大会
 参加してくれたお友だちと一緒にじゃんけん大会。勝った子にはプレゼントも♪

☆第Ⅱ部(14:00-16:00/南館2F軽運動室)
③つみきひろばで遊ぼう!
 森の役割や木の魅力を紹介してくれる「佐賀のつみ木おじさん」が、たくさんの積み木を持って来館。優しい木の香りに包まれて思いっきり遊んじゃおう! チビっ子は保護者同伴で参加してね


DATA

有田町立東図書館
住 所 有田町本町丙1002-2 有田町生涯学習センター北館1F
電 話 0955-43-2327
開 館 9:00-18:00
定休日 月曜、祝日(文化の日を除く)、陶器市期間(4/29~5/5)、年末年始(12/28~1/3)、特別整理期間(10/22~10/27)

H P lib.town.arita.saga.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加