3回、2死三塁のピンチで、ソフトバンク・今宮を空振り三振に仕留めガッツポーズするDeNA先発の浜口=横浜

 球史に名を刻もうかという快投だった。DeNAのドラフト1位ルーキー濵口が日本シリーズ歴代2位に並ぶ八回1死まで無安打。負ければシーズンが終わる苦境で球団初の新人のシリーズ先発を任され、八回途中2安打無失点で勝利を挙げた。「持っている力を全力でぶつけていこうと投げた」と喜んだ。

 チームが3試合連続で失点していた一回、2死二塁で内川を三飛に仕留めて無失点で乗り切り、波に乗った。「いろいろな球をいろいろな配球で投げないと抑えられない」と軸である直球とチェンジアップに加え、フォークボール、スライダー、カーブを効果的に織り交ぜてソフトバンクの強力打線を圧倒。三回2死三塁では今宮を空振り三振に仕留めた。「(安打が)ゼロだというのはわかっていた」と快挙を意識していた八回1死で代打鶴岡に右中間へ二塁打を許し、シリーズ初の無安打無得点試合は逃した。2死一、三塁で大声援を受けて降板した。

 三養基高時代はソフトバンク戦をテレビでよく見た。「和田さんが投げる試合を見られれば学ぶことがある」と憧れた左腕に投げ勝った。同郷の宮崎が先制ソロと適時打で援護してくれた。「偉大な先輩が先制点を取ってくれたので感謝です」と目尻を下げた。

 CSファイナルステージでプロ初の中継ぎを経験し、先発の責任感を強めた。チームに勢いをもたらし「まだ終わっていない。最後まで戦い抜くことが大事」と力強かった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加