佐賀銀行(佐賀市、陣内芳博頭取)は来年1月、投資信託の商品選びをコンピューターが支援するサービス「ポートスター」の運用を始める。インターネット上で顧客に簡単な質問に答えてもらい、適した運用商品を提案する。
 商品選択の参考にしてもらおうと、1月4日から導入し、ネット販売専用の5商品を用意する。同行のホームページで五つの質問に答えてもらい、投資期間やリスクの許容範囲などを確認する。その上で、高いリターンが見込める商品や値動きが安定した商品など、一人一人に合ったものをコンピューターが薦める。
 ポートスターは、三菱UFJ国際投信が提供しているサービスで、同行の担当者は「どの商品を選べばいいのか分からないという人に使ってもらえたら」と話す。問い合わせは同行、電話0952(25)4584。

このエントリーをはてなブックマークに追加