さまざまな衣装を着て町を練り歩く園児たち=佐賀市

 ハロウィーンの10月31日、佐賀市のおへそこども園の園児たちがハロウィーン衣装を身にまとい市内を練り歩いた。すれ違う人たちが仮装した園児に声をかけて手を振り、街中に笑顔があふれた。

 園児と地域の人たちとの交流を深めようと同園が企画し今年で5回目。0歳から6歳まで130人がこども園を出発し、佐賀バルーンミュージアムや656広場などを訪れた。

 魔女やアニメのキャラクター、カボチャをモチーフにした衣装などを着た園児たちは「トリックオアトリート。お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ」と声をそろえ、地域の人たちからあめやチョコレートなどを受け取った。

 戦隊ヒーローの手作り衣装を身にまとった塚原一朗ちゃん(6)は「たくさんお菓子をもらえて楽しかった」とにっこり笑みをこぼした。

このエントリーをはてなブックマークに追加