講演した敬徳高校の稲田繁生理事長‖佐賀市の県総合体育館

 剣道に期待する人づくりをテーマにした講演が28日、佐賀市の県総合体育館で開かれた。敬徳高(伊万里市)の稲田繁生理事長が講師を務め、若者にあいさつや常識を身に着けさせる社会人教育の必要性と指導者の在り方を説いた。

 稲田さんは「礼に始まって礼に終わる」という剣道にも精通する姿勢を挙げ、あいさつや礼儀の重要性を説いた。また、生徒に愛情を持ち、心身ともにベストな態勢で指導に臨むことなどを求めた。

 佐賀市から参加した本多利津子さんは「剣道だけでなく職場にもつながる話が聞けて、勉強になった」と感想を話していた。

 講演会は「九州高段者剣道研修会」(九州剣道連盟主催)の一環で、六段以上を受審する112人が参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加