週末は福岡にお出かけ!「ちょっと休憩したいな…」と思っても、カフェがありすぎてどこに行けばいいかわからない!なんてことになりませんか。今回はFit編集部おすすめカフェ5店を紹介。お出かけの目的にもなりそうな、個性的ですてきなカフェばかりです。

 

NO COFFEE

京都の老舗茶屋から取り寄せた抹茶を使ったラテにエスプレッソを合わせた「抹茶ラテwithエスプレッソ」 550円

 

■コーヒースタンドからトレンドを発信

深煎りの豆で作るエスプレッソは、ミルクと相性抜群。「カフェラテ」450円

 「Life with good coffee コーヒーのある生活」をコンセプトにしたコーヒースタンド。六本松の「Saredo Coffee」の、深煎りで酸味の少ないオリジナルブレンドの豆でいれるエスプレッソドリンクをメーンに、季節限定のドリンクやオリジナルグッズを展開。アパレル、おもちゃメーカーで働いた経歴を持つ店主・佐藤慎介さんが生み出す商品は、オシャレに敏感な福岡の人たちの心を捉え、今や福岡県外、海外から訪れる人も多いのだとか。県内外のアーティストとコラボしたグッズやディスプレーなどの企画にも注目。福岡の“今”を生み出す、文化・流行の発信地です。

1.スタンダードな飲み口と、ストローも挿せる2WAYの「タンブラー」1900円/2.「マグカップ・グレー」1500円。グレーはオープン1周年を記念したメモリアルカラー/3.シンプルにロゴをあしらった「iPhoneケース」2500円~/4.表面には「NO COFFEE」のロゴ。裏面にはアイコンをデザイン。「ステンレスボトル」3600円
コーヒーが苦手な人でも楽しめますよ。今後の新たなコラボレーションにも注目してください。店主の佐藤慎介さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DATA】

 

住 所 福岡市中央区平尾3-17-12
電 話 092-791-4515
営 業 12:00-19:00 
    ※土・日曜、祝日は10:00-18:00
店休日 月曜、第2・4火曜 ※月曜が祝日の場合翌火曜
I G 「nocoffee_」

 


WALKER JUICE DAYS.

体の中からキレイに ジュースクレンズ専門店

月~金曜に日替わりで提供するグルテンフリーのマフィン。土日は全4種類が店頭に並ぶ。「グルテンフリービーガンマフィイン・カカオ」 518円、「ナッツミルク(HOT)」 540円
500mlのジュース×5本で1日を過ごす「ベーシックプラン」9720円。クレンズプログラムは完全予約制(2日前まで)。旬のものを使うため内容は季節によって変わる

 

 

 

 

 

 

 一定期間をコールドプレスジュースだけで過ごし、食生活をリセット、消化器官を休ませる「ジュースクレンズ」を中心に、心も体も喜ぶライフスタイルを提案するコールドプレスジュース専門店。大名店に併設のカフェでは、コールドプレスジュースやグルテンフリーのマフィン、栄養価の高いナッツミルクを使ったスムージーなどが気軽に味わえます。熱を加えず酵素やビタミンを残したコールドプレスジュースは、300mlを搾るのに約1kgの野菜や果物を使うのだとか。一度味わう価値アリ!のぜいたくなジュースです。

クルミ、アーモンド、カシューから選べるナッツミルクをかけてどうぞ 食物繊維豊富な「マクロビグラノーラ・S」885円。テークアウトは250g 1058円~。ほとんどのメニューがテークアウト可だが、店内でゆっくり過ごすのも◎
スタッフの松永春香さん(左)と林あゆみさん。なるべく九州産を使うなど材料にもこだわっています。カフェとして気軽にご利用ください

 

 

 

 

 

 

 

【DATA】

 

住 所 福岡市中央区大名1-15-7 ネオハイツ大名1F
電 話 092-707-3600
営 業 10:00-18:00
店休日 不定
I G 「walker_juice_days_official」
H P https://www.walkerjuice-days.com

 

 

そふ珈琲

中深煎りの豆をベースにスパイシーなアクセントを加えた「ほろにが」(500円)が、そふ珈琲のスタンダード。むっちりとした食感と甘さ控えめなカラメルに懐かしさを感じる「プリン」(350円)と相性抜群

ネルドリップで入れる自家焙煎コーヒー

水出しコーヒーを使った「コーヒーゼリー」650円。ゼリーの上には生クリーム、アイスクリーム。最後にかける自家製コーヒーリキュールがアクセント

 店名の「そふ」は、マスター・吉田大祐さんの二人の「祖父」にちなんで。“尊敬するおじいちゃんを敬う気持ちを忘れないように”と名付けたそう。シンプルながらあたたかみある店内で楽しめるのは、自家焙煎した豆を自作のネルで丁寧にハンドドリップしたコーヒー。ネルで入れることを考えて焙煎するというコーヒーは、ブラジルやコロンビアなどのほか、「さんみ」「にがみ」など特徴そのままに名付けたブレンドも提供しています。プリンやチーズケーキ、週末限定のシュークリームなど、パティシエの奥様がつくるスイーツも人気。

 

 

豆は購入も可能。「ほろにが」と、すっきり軽めな飲み口の「かろやか」。いずれも200g 1100円
ヒゲにメガネ、蝶ネクタイ、七三分けがトレードマーク。マスターの吉田大祐さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DATA】

 

住 所 福岡市城南区別府1-3-11
電 話 092-407-6474
時 間 13:00-22:00
店休日 水曜
I G 「sofucoffee」

 

 

 

KAKA cheesecake store

チョコバナナやアールグレイ、ニューヨークなど魅力的なチーズケーキの数々。1カット330円~。予約や取り置きも可能(ホールは前日AM中まで)

全種類制覇したい!濃厚チーズケーキ

「チーズクリームプリン」(330円)とチーズクリームに季節のフルーツを合わせた「フルーツタルト」。タルトはイートインのみで提供。+350円でコーヒーor紅茶とセットにできる

 店頭に並ぶのは、8種類のチーズケーキ。4種類のチーズをブレンド、酸味とコクのバランスが絶妙な看板商品「KAKA」や、あえて焦がした表面のほろ苦がお酒にも合う「バスク」など、ベーシックなものから個性派までがそろいます。「1人で2種類は当たり前、2人で全種類を頼む人も」というのも納得の、心躍るラインアップです。「チーズ好きにこそ食べてほしい」というチーズケーキは、ずっしり濃厚ながらも甘さ控えめ。“もうひと口”食べたくなるようなおいしさです。チーズケーキが映えるこだわりの食器にも注目。

 

 

警固の交差点からすぐ。小さな入口を見逃さないで
スタッフの山本美緒さん(左)、船越優衣さん。箱もオシャレなので、手みやげとしてもぜひご利用ください

 

 

 

 

 

 

 

【DATA】

 

住 所 福岡市中央区大名1-7-2 けやきビル103号
電 話 092-707-2980
時 間 10:00-なくなり次第閉店
店休日 なし
I G 「kaka.cheesecakestore」

 

 

 

cafe檸檬

田村さんが“自分好み”に仕上げたという「レモンタルト」500円。酸味際立つレモンカードに甘さ控えめの生クリームをたっぷり。ドリンクとセットで700円

レモン好きによるレモン好きのためのカフェ

「日替りランチ」800円(なくなり次第終了)。ドレッシングなどにもレモンを使用。ドリンクはぜひ自家製レモネードを

 レモン好きが高じてカフェをオープンしたという店主の田村百合子さん。その名の通り、レモンを使ったメニューがずらりと並び、日替わりランチのハンバーグにも自家製塩レモンを刻んで入れるなど、レモン好きにはたまらないこだわりが随所に光ります。使うのは安心、安全な国産レモン。広島、高知、愛媛、熊本などさまざまな産地から仕入れています。今の時季はグリーンレモン。若くダイレクトな酸味が特徴だとか。季節によって変わるレモンの風味を楽しみに通いたい店です。

「レモンケーキ」150円。食後にちょうどよいサイズと価格がうれしい。持ち帰り用もあり
店主の田村百合子さん。美白や殺菌効果があったり、果実から果汁、皮まで使えたりと、レモンって万能なんですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DATA】

 

住 所 福岡市南区清水1-24-18 1F
電 話 070-5278-5474
営 業 11:00-21:00(20:00L.O.)※土・日曜、祝日は~19:00(18:30L.O.)
店休日 不定
I G 「cafe__lemon」

このエントリーをはてなブックマークに追加