30日に巨人から戦力外を通告された實松(佐賀学園高出身)が31日、川崎市のジャイアンツ球場で現役続行を基本線に考えていることを明らかにした。「選手は商品だから、使えなくなったら切られるのは当然。現役を続けたいが、トライアウト後まで待ってみて」と話した。

 プロ通算19年間で510試合に出場した。「家族がいるので無職になるわけにはいかない」と、独立リーグなども視野に入れているという。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加