14台の曳山が巡行する唐津くんち=昨年11月

 きょうから11月。日一日と秋が深まり、朝夕の冷え込みは冬の訪れが近いことも感じさせる。バルーンフェスタ、唐津くんちと佐賀を代表する観光の風物詩でスタートし、食や文化をテーマにしたイベントもめじろ押しだ。

 2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタは1日から5日まで。18カ国・地域から112機の熱気球が参加する。キャラクターの形をしたバルーンファンタジアが見る人を和ませる。

 紅葉も見頃を迎える。九年庵の一般公開(15日~23日)のほか、15日から多久聖廟周辺で孔子の里紅葉まつりが開かれる。御船山楽園(武雄市)の紅葉ライトアップ(3日~12月10日)は、昼間とは違った幻想的な雰囲気を感じられる。

 秋空に紅葉や果樹畑が映えるなか、各地でウォークイベントも開かれる。鹿島市では、5日にななうらの里オレンジロードのんびりウォーク、基山町では23日にモミジの色づく大興善寺と酒蔵を巡るウォークイベントがある。秋風の心地よい11月に、季節の移ろいを楽しみながら健康に歩いみては。

このエントリーをはてなブックマークに追加