複数の切断遺体が見つかった神奈川県座間市のアパート=31日午前(共同通信社ヘリから)

 東京都八王子市の23歳の女性が今月下旬から行方不明になり、警視庁が捜査していたところ、神奈川県座間市のアパートから30日、2人の切断された頭部が発見された。31日には新たに7人の遺体を確認し遺体は計9人となった。

 警視庁は31日、死体遺棄容疑で、この部屋に住む職業不詳白石隆浩容疑者(27)=座間市緑ケ丘=を逮捕した。捜査1課によると、白石容疑者は1人について「私が殺害した遺体を証拠隠滅しようとしたことに間違いありません」と容疑を認めており「浴室で解体し、一部はごみとして捨てた」と供述している。女性については「初めて会って殺害した」と話している。

 捜査1課は、白石容疑者と女性は自殺サイトを通じて知り合ったとみている。計画的な連続殺人事件の可能性があり、同課は、見つかった多数の遺体についてDNA型鑑定などで身元の確認を急ぐとともに、死亡の経緯を詳しく調べる方針。

 逮捕容疑は8月22日から10月30日、自宅で氏名や年齢、性別不詳の遺体1体を損壊し、クーラーボックス内にネコのトイレ用の砂のようなものをかぶせて隠し、遺棄した疑い。

 同課によると、見つかった9遺体は男性1人、女性8人とみられる。室内にはクーラーボックスと工具用の箱が計八つあり、うち七つに頭部や、腕や脚とみられる骨が入っていた。室内から損壊に使ったとみられるのこぎりが発見された。

 白石容疑者が女性とツイッターを通じてやりとりしていたことも判明。女性はツイッターに自殺願望をほのめかす書き込みをしていた。

 同じアパートの住民によると、8月ごろから、白石容疑者の部屋から異臭がしていたという。不動産会社によると、間取りはワンルーム。

 女性は10月23日、白石容疑者と一緒にいる姿がJR八王子駅と、現場近くの小田急線相武台前駅にある防犯カメラに写っていた。女性の兄が24日、「21日から妹と連絡が取れない」と高尾署に捜索願を提出。その後、兄が女性のアカウントとパスワードを使ってインターネットサイトに接続すると、女性と連絡を取っている白石容疑者が浮上した。

 同課は31日付で高尾署に捜査本部を設置した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加