佐賀大医学部附属病院腎臓内科の池田裕次教授(60)らは、腎臓に水がたまった袋が多数できる「多発性のう胞腎(ADPKD)」の早期発見に向け、認知度を上げる活動に力を入れている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加