全国大会の予選を兼ねた全九州フェンシング選手権大会は28、29の両日、大分県の情報科学高であった。佐賀県勢は女子個人フルーレの野本尚子(佐賀ク)が初優勝。男子個人エペの杠星哉(佐賀商高)、女子団体サーブルの佐賀商高が準優勝を飾った。

 野本、杠の2選手と女子団体の佐賀商高は、12月に東京都と福井県で開かれる全日本選手権への出場権を獲得した。

 

 =県勢の上位成績=

 【男子】個人エペ準々決勝 杠星哉(佐賀商高)15-11関本(熊本・開新高)

 ▽同準決勝

杠15-5小佐井(熊本ク)

 ▽同決勝

木村 芳徳 15-7 杠  星哉

(中州ク)

 【女子】団体フルーレ2回戦 佐賀商高45-36玄界高(福岡)▽同準決勝 諫早ク38-35佐賀商高

 ▽同サーブル1回戦

佐賀商高45-26別府翔青高(大分)

 ▽同準決勝

佐賀商高45-27玄界高

 ▽同決勝

鹿児島南高  45-30  佐賀商高

 

 ▽個人フルーレ準々決勝

森(熊本ク)15-7岸川莉紗(佐賀商高)、野本尚子(佐賀ク)15-8福永瑛美(佐賀商高)

 ▽同準決勝

野本15-10森

 ▽同決勝

野本 尚子 15-6 橋本 結衣(大分豊府高)

 ▽同サーブル準々決勝

 山内(鹿児島南高)15-13岸川

 肥後(鹿児島南高)15-14原田 渉未(佐賀商高)

※10月31日にフェンシング女子の成績の一部を追加しました

このエントリーをはてなブックマークに追加