民進党の全国幹事会に出席した佐賀県連の江口善紀総務会長は30日、非公開の会合後に取材に応じた。佐賀1区の原口一博衆院議員が無所属で当選し、2区の大串博志衆院議員が希望の党に入ったことを踏まえ、会合では「2人の所属が異なり地方がどうなるのか悩ましい。長年かけて築いてきた地方組織が民進党の一番の強み。もう一回、力を結集する方向で検討してほしい」と要望した。

 前原代表の辞任に関しては「トップが責任を取るべきではあるが、希望への合流は全員で決めたことだ。民進党は一人に責任を押しつける風潮がある」とくぎを刺したことを明らかにした。

 江口氏は「各県連によって大きく事情が異なる。代表の即時辞任を求める声、地方組織を残して何をするつもりか疑問を呈する声などさまざまな意見が出た」と感想を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加