佐賀銀行(佐賀市、陣内芳博頭取)は27日、2017年9月中間連結決算の業績予想を修正したと発表した。売上高に当たる経常収益を当初予想から8億円少ない178億円に下げ、経常利益は5億円多い24億円、純利益は5億円多い21億円に上方修正した。

 経常収益の下方修正は、有価証券の取引見直しなどが要因。一方、取引先の業績改善に伴い、貸倒引当金の戻し入れ益が増えたことなどから利益を引き上げた。通期の業績予想は集計中で、11月8日に公表する。

このエントリーをはてなブックマークに追加