「経営理念の浸透が業績拡大の鍵」と語る金子和斗志社長=佐賀市の佐賀商工ビル

 全国で結婚式場を展開する東証1部上場「アイ・ケイ・ケイ」(伊万里市)の金子和斗志社長が24日、佐賀市で講演した。事業拡大には経営理念を社員に浸透させることが必要とし、社員の長所を伸ばす人材配置の重要性を説いた。

 金子社長は、企業経営の重要要素に位置付ける経営理念について「社員に浸透させ、実践・実行する風土ができれば目標の半分を果たしたことになる」と説明した。経営陣が実践し、業務に反映させることで社員の行動が伴うとし、「経営者として夢や理念を本気で語ってきた。上場できたのも、本気が社員に伝わった結果」と振り返った。

 採用難で多くの企業が課題に挙げる人材の確保、育成に関しては、社員の長所を生かした人事と適切な評価を重視。「社員が生き生きと働く雰囲気が顧客にとっても心地よい空間となる」と話した。

 日本道経会佐賀支部が主催し、会員企業の経営者ら約130人が聞き入った。

このエントリーをはてなブックマークに追加