ショーガーデン部門で受賞した作品=長崎県佐世保市のハウステンボス

花の世界大会&ガーデニングショーに作品を出品した山口繁樹さん=佐賀市大和町

 長崎県佐世保市のハウステンボス(HTB)で開かれている「花の世界大会&ガーデニングショー」で、佐賀市大和町の山口造園社長、山口繁樹さん(66)が、ショーガーデンの部で一般投票による最多投票賞(ピープルズチョイス賞)を受賞した。「孫との花遊び」をコンセプトに西洋の田舎の風景を表現。アンティークな世界観が来場者の心をつかんだ。

 国内外の大会で受賞歴を持つ国内トップレベルの庭師たちの腕を振るった9作品が出展された。山口さんは、花いっぱいの庭の中にモルタルの家や孫をイメージした人形、鉄製のバイクや昆虫などを設置し、女性も男性も楽しめる庭に仕上げた。

 「腕試しをしたい」と2013年からHTBでの大会に4回出場している山口さん。「世界的に活躍する人たちとようやく同じ土俵で競い合えるようになり、うれしい。佐賀の若い人たちもチャレンジ精神をもって参加してほしい」と次世代の庭師たちにエールを送った。受賞作は11月5日までHTBで展示される。

このエントリーをはてなブックマークに追加