伊萬里神社の秋祭り「トンテントン」の「川落とし合戦」で、伊万里川に倒れ落ちる団車(左)と荒神輿=伊万里市

水しぶきを上げて落ちる団車(左)と荒神輿=伊万里市の伊万里川

 伊萬里神社(伊万里市)の秋祭り「トンテントン」は29日、クライマックスの「川落とし合戦」で幕を閉じた。組み合った二つの神輿(みこし)が満潮の川に倒れ落ちて豪快に水しぶきを上げると、観衆から歓声がわき起こった。

 夕闇迫る伊万里川沿いの合戦場。荒神輿と団車(だん じり)が「トン、テン、トン」と打つ太鼓の合図で組み合い、力強くせり上がると、そのまま横倒しに川に落下した。

 男衆も次々に飛び込んで岸に引き上げる早さを競い、荒神輿が勝ちどきを上げた。荒神輿が勝てば豊作、団車が勝てば豊漁になるとされる。

 実行委員会の櫻井徳幸委員長は「期間中、雨に見舞われながらも、迫力ある合戦を安全に奉納することができた」と総括した。

 この日は「いまり秋祭り」も開かれ、約4万3千人(市発表)の人出でにぎわった。

このエントリーをはてなブックマークに追加