民生委員制度創設100周年を祝って記念植樹するみやき町の末安伸之町長と原口秋子・町民生委員児童委員協議会長=町社会福祉協議会前広場

 民生委員制度創設100周年を祝う記念植樹式が26日、みやき町社会福祉協議会前広場であった。同町の民生・児童委員約60人や末安伸之町長ら関係者がユズの苗木を植え、活動への意欲を新たにした。

 式では、町民生委員児童委員協議会の原口秋子会長が「これからも住民に寄り添い、住民に頼られる存在で有り続けることを約束する」とあいさつ。末安町長が「助け合い、支え合い、仲良く暮らすのがみやき町の宝。100周年を新たなスタートとして、この宝を多くの人に広げていければ」と期待した。

 植樹は今後、町内の3中学校校区の公園や公共施設などでも実施する予定。それぞれユズとキンカンの苗木を植える。

このエントリーをはてなブックマークに追加