県庁通りの歩道を清掃する参加者=佐賀市の県庁周辺

 「2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」(11月1日開幕)を前に佐賀市の建設業者でつくる建設業協会佐賀は28日、県庁周辺をボランティアで清掃した。観光客を歓迎しようと、約90人がごみ拾いや草むしりなどで歩道をきれいにした。

 社会貢献活動の一環で実施。参加者は県庁通りの歩道約600メートルで落ち葉やごみをほうきで集めたり、雑草をむしったりした。

 バルーンフェスタ期間中は、佐賀バルーンミュージアムや県庁展望ホールのプロジェクションマッピングなど県庁周辺も多くの観光客が訪れる。建設業協会佐賀の野田豊秋会長は「市の一大イベントで、活動を通じておもてなしになれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加