エダマメの収穫を楽しむ参加者=吉野ケ里歴史公園(提供写真)

 吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)で22日、エダマメの収穫体験会が開かれた。県内外から家族連れなど55人が参加し、「こんなの初めて」などと笑顔で収穫を楽しんだ。

 2008年から実施している取り組みで、この日は園内の一区画337平方メートルに育ったエダマメを収穫した。台風21号の影響で風が強い中、親子で協力して根こそぎ抜き取り、集中してさやをむしり取っていた。

 山口県から両親と3人で訪れた小学5年生の藤井優甫君は「自分たちで作物を作って収穫して、自分たちの力で生きていた。弥生時代の人たちの気持ちを感じることができた」と白い歯を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加