日本漢字能力検定協会が募集した2016年の世相を1字で表す「今年の漢字」に「金」が決まった。京都市東山区の清水寺では、用意された越前和紙に森清範貫主が特大の筆を使って力強く揮毫した=12日午後

 2016年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「金」に決まり、日本漢字能力検定協会が12日、京都市東山区の清水寺で発表した。「金」が選ばれたのは、00年、12年に続いて3度目。

 応募総数は15万3562票で、1位の「金」は6655票。リオデジャネイロ五輪の日本人選手の金メダルラッシュや、舛添要一前東京都知事の「政治とカネ」の問題、トランプ次期米大統領の金髪などが理由に挙がった。森清範貫主(かんす)が清水の舞台で、縦約1・5メートル、横約1・3メートルの越前和紙に特大の筆で揮毫(きごう)した。

 2位は「選」(4723票)、3位は「変」(4619票)で、それぞれ「米大統領選や欧州連合(EU)離脱を決めた英国民投票」と「世界情勢の変化、熊本や鳥取での地震など連続した天変地異」が理由。4~10位には「震」「驚」「米」「輪」「不」「倫」「乱」が続いた。

 森貫主は「来年は、自然災害や事故のない輝く年になってほしい」と話した。

 「今年の漢字」は1995年に始まり、22回目。昨年は、安全保障関連法の審議過程に関心が高まり、世界で頻発するテロが人々を不安にさせたことから「安」が選ばれた。《共同》

このエントリーをはてなブックマークに追加