男子エキスパートの部で優勝した〓本直生(多久)=多久市の同校

 第8回全国高校選抜クライミング選手権大会県予選会は28日、多久高で3部門があり、男子エキスパートの部は〓本直生(多久)、同ミドルの部は力久稜平(同)が優勝した。女子の部は樋口結花(同)が制した。

 全国選抜大会には、日本山岳・スポーツクライミング協会推薦として男子の〓本と2位の中武凌雅(佐賀星生学園)、県山岳連盟推薦として3位の小島麟太郎(佐賀北)と4位の平井寛太(佐賀星生学園)を選出。団体戦はペアの順位で最高位となった佐賀星生学園が県代表として出場する。

 女子は日本山岳協会推薦として樋口が出場する。

 【男子】エキスパートの部 (1)〓本直生(多久)(2)中武凌雅(佐賀星生学園)(3)小島麟太郎(佐賀北)▽ミドルの部 (1)力久稜平(多久)(2)川越玄暉(佐賀工)(3)大曲瑛士(多久)

 【女子】(1)樋口結花(多久)

このエントリーをはてなブックマークに追加