バレーボールのプレミアリーグ女子は28日、三重県のAGF鈴鹿体育館などであり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)はJTマーヴェラスを3―2で下し、開幕2連勝(勝ち点5)を飾った。

 久光製薬はセットカウント0―2からの逆転勝ち。第3セット、ウイングスパイカー野本梨佳にボールを集めて28―26で競り勝つと、続く第4セットはウイングスパイカー石井優希のサービスエースなどで得点を重ねて連取。最終第5セットも勢いは止まらず、ミドルブロッカー岩坂名奈のブロックでリードを奪うと、15―13で振り切った。

 久光製薬の次戦は29日で、岐阜県の飛騨高山ビッグアリーナでデンソーエアリービーズと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加