ゲーム「マインクラフト」で遊ぶ子どもたち=佐賀市のマイクロソフトイノベーションセンター佐賀

 佐賀市のマイクロソフトイノベーションセンター佐賀で21日、開所1周年を記念する子ども向けセミナーがあった。市内から訪れた小中学生約60人が、3次元の世界を動き回るゲーム「マインクラフト」などを通じ、ICT(情報通信技術)に親しんだ。

 初心者向けの講座には36人が参加した。子どもたちは2人一組でパソコンの前に座り、ゲームに挑戦。さまざまなアイテムを駆使して壁を壊したり、洞窟を照らしたりして探検した。タッグを組んだ花島知希君(11)=赤松小5年=と田中基貴君(8)=松梅小3年=は「一緒に遊んで楽しかった」と話した。

 このほか、視界に架空の3D(立体)映像を映し出すゴーグル型端末「ホロレンズ」が用意され、子どもや保護者が体験した。

 センターは昨年10月、アイスクエアビル内に開所。ICTに優れた人材育成を目的に、社会人や学生などに無料でスペースを開放している。

このエントリーをはてなブックマークに追加