夜間係留「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」で、音楽に合わせて一斉にバーナーをたくバルーン(2016年)

ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン

 夜の嘉瀬川河川敷をバルーンの光と音楽で彩る「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」は4、5の両日午後6時半から開かれる。

 係留したバルーンを、バーナーの火でライトアップ。河川敷いっぱいに広がり、暗闇の中で幻想的な輝きを放つバルーンには目を奪われる。

 観客席近くの特設ステージで演奏されるパイオニア所属バンドの生演奏に合わせ、各バルーンはバーナーの火を踊らせる。音楽の途中で「バーナー・オン」の合図に合わせ、すべてのバルーンが光を全開に。会場は幻想的な光に包まれる。

 

ヨーダバルーン
ニャースのバルーン

 

 

バルーンファンタジア

 アニメの人気キャラクターや動物の形をしたバルーンが嘉瀬川河川敷を彩る「バルーンファンタジア」は期間中、朝の競技が終了する毎朝午前9時ごろから開催する。

 パンダやタコなど約17機の変形バルーンが河川敷の競技エリアに係留され、観客も間近でその大きさや形を楽しめる。個性豊かな形をしたキャラクターたちが徐々に膨らんでいく姿は壮観で、隣り合うバルーンが風に揺られる様子はまるでおしゃべりしているよう。

 今年は映画「スターウォーズ」のダースベイダーとヨーダが大会初登場で会場を盛り上げる。

キッズデー

来場者でにぎわうキッズデー。ゴンドラに乗りバーナーをたく園児(2016年)

 子どもたちがバルーンに直接触れることができる「キッズデー」は2日午前9時ごろから、バルーンファンタジアで盛り上がる嘉瀬川河川敷の競技エリア内で開催する。

 主に県内外の保育園、幼稚園の子どもたちが横向きにして膨らませたバルーンの球皮内に入り、普段見ることのない気球内部を見学。バルーンの前で記念撮影ができるほか、係留したバルーンのバスケットに入って“パイロット体験”も味わえる。

サガ・ライトファンタジー

バルーンミュージアムの前で勢いよくバーナーをたくバルーンのパイロットら(2016年)

 「さが(SAGA)に恋しよう」をテーマに、佐賀市中心街のシンボルロードを温かな光が照らす「サガ・ライトファンタジー」は今年で29回目を迎える。市民による「シンボルツリー」やデザイン性に富んだ「スポット電飾」など、180万球のLED電球が佐賀の街なかを彩る。大切な人や家族とゆっくり中心部を歩き、お気に入りを見つけよう。点灯期間は31日から来年1月8日まで。時間は午後5時~午前0時まで。

 31日午後6時からはバルーンフェスタの前夜祭として、点灯式や選手団と市民らが練り歩くパレードでバルーン開幕を喜び合う。

バイクショー

バイクショーで妙技を披露するライダー(2016年)

 ホンダ所属のプロライダーが華麗なバイクテクニックで観客を魅了する「ホンダトライアルバイクショー」は4、5の両日、午前11時と午後2時の2回ずつ開催する。

 嘉瀬川河川敷の土手近くにステージが設けられ、日本のトップライダーが土手の階段をバイクで上り下りし、障害物を次々とクリアする高度なテクニックは必見。

 ステージと観客席の距離は近く華麗な技で会場を沸かせる。目の前で迫力のあるウィリーなどが楽しめ、ふんわり浮くバルーンと対照的なスリルを味わえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加