日本ホッケー協会は、第9回アジアカップ(28日~11月5日・岐阜県)の女子日本代表「さくらジャパン」18人を発表し、佐賀県関係では伊万里商高出身の鳥山麻衣(東海学院大4年)が選ばれた。日本は予選プールでカザフスタン、韓国、タイと対戦。優勝国は2018年のワールドカップ出場権を獲得する。

 また、同協会は日韓交流戦(27日~11月1日・韓国)に挑む男子U-18(18歳以下)日本代表を発表。佐賀県関係では、伊万里商高3年の川原大和と古川裕大が選ばれた。U-18日本代表のチームリーダーは仙名洋一(伊万里特別支援学校教員)が務める。

このエントリーをはてなブックマークに追加