組み合ったまま勢いよく倒れる荒神輿と団車=27日夜、伊万里市の伊万里中

 伊万里市の伊萬里神社の秋祭り「トンテントン」が27日の宵祭りで幕を開けた。伊万里中グラウンドで行われた奉納合戦では、男衆の威勢のいい掛け声とともに荒神輿(みこし)と団車(だんじり)が激しくぶつかり合い、勇壮な祭りのムードを盛り上げた。

 にらみ合う二つの神輿は「トン・テン・トン」と打つ太鼓の合図でがっちり組み合い、天へと突き上げて倒された。過去に死亡事故があったことから、担ぎ手の安全のために倒れる方向は決められているものの、迫力は十分。見守っていた観衆から盛んな拍手が送られた。 

 28、29日が本祭で、市中心街の各所で合戦を行い、29日夜の「川落とし」でクライマックスを迎える。両日は「いまり秋祭り」(市など主催)も同時開催され、街は祭り一色に染まる。

このエントリーをはてなブックマークに追加