11月1日開幕

 無数の熱気球が飛行し、秋の佐賀平野を彩る「2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が11月1日~5日まで、佐賀市の嘉瀬川河川敷をメイン会場に開かれる。18カ国・地域から112機が参加し、熱戦を繰り広げる。

 今大会は第31回パシフィックカップ、第34回熱気球日本選手権、熱気球ホンダグランプリ第4戦などの競技飛行があり、世界トップクラスのバルーニストが参戦。ハイレベルな大会が期待できる。

 競技の合間には、パンダやタコなどカラフルで個性的な変形バルーンが登場する「バルーンファンタジア」や、子どもたちがバルーンとふれあう「キッズデー」も実施され、約80万人の来場を見込んでいる。

 風を読みながら、いかに目標へ接近するかを競う「スカイスポーツイベント」。バルーンが一斉に飛び立つ光景は、毎年多くの来場者を魅了している。

このエントリーをはてなブックマークに追加