さまざまな色合いで染めたタペストリーや着物が並ぶ会場=嬉野市塩田町の杉光陶器店三の蔵「ギャラリー創」

 武雄市の茜染色工房「杜の染舎」の教室展が、嬉野市の杉光陶器店三の蔵「ギャラリー創」で開かれている。主宰の緒方義彦さん(64)に学ぶ約20人が手がけたタペストリーや洋服、着物などの作品約50点のほか、ストールや手提げ袋など販売用の約100点も並べた。29日まで。

 型絵染めや絞り染めなどで風合いの違いを出した。型絵染めではハスやハクサイ、ザクロ、フタバガキなどの植物をモチーフに取り入れ、パターンの妙味を生かした。染料には藍のほか、レモングラスやタマネギ、ウメ、ザクロなどさまざまな自然の草木を使用。色を乗せる媒染剤によっても色合いが変化するという。緒方さんは「『染めは穏やかな一日をつくる』が教室のモットー。思う色に染まったり染まらなかったりするのを楽しみながら、みんな自由にやっている」と笑みをこぼす。

 会場では、100円で和紙への型紙摺り絵の体験もできる。観覧時間は午前10時から午後4時(最終日は3時)。

このエントリーをはてなブックマークに追加